THIS DESIGN

TEXT

No Made

2021. 07. 29. Thu.

何気なく貼られた子供の絵や大切なカード、家族の写真…。こうした作為のない風景が僕は好きだ。作為がないのに美しい。多少の作為がなければ普通は美しくならないのに、当たり前だけど作為がなくても美しいものは存在するのだ。(また作為の塊でも作為を感じさせないものもある…。)

色が持つ重量感(色が濃ければ”重い色”、薄い色だと”軽い色”といった感覚)。完全な調和。絶妙な均衡。こうした感覚を持っているのが、じつは同業の人の中にはあまりいなくて、僕の周りにいる普通の仕事の普通の方に多く見られる。そうした場合、僕らは如何にして”感覚”を発揮し、他と差別化できるのだろうか。

BLOG ARCHIVES